心地良い北欧スタイルが魅力のおすすめソファー

   

一時のブームではなく、今やインテリアの定番になった感のある北欧スタイルの家具類の中でも、ソファーにこだわりを持つ人は少なくありません。本場から輸入されたブランド製品のみならず、デザインを生かしながら日本の職人が作り上げた上質な逸品まで、さまざまなタイプの製品が人気を博しています。
北欧スタイルの家具は、従来のデコラティブな西欧風やアンティーク調の家具に比べると、天然木の味わいが映えるシンプルで温かみのあるデザインが多く、和室にもマッチする製品が多い点も多くの人から支持されるポイントです。ソファーに限らず、ロータイプのデザインが多いところも日本人の生活スタイルに合わせやすいメリットになっています。シンプルなフレームが映える製品の場合は、クッションを替えてイメージチェンジをする楽しみもあり、ファブリック類で気分を変えたい人にもおすすめです。

模様替えで気分を変えたい人に向くデザイン

北欧スタイルの家具はソファーに限らずチェストやベッド、テーブルなどもロータイプのものが多いので、室内全体を広々としたイメージで演出することに長けています。真冬の長い夜を室内で心地良く過ごすことに重きを置いたデザインだけあって、見た目の雰囲気からしてリラックス感が漂って来るような、気取らない温かみにあふれた家具類が多くあります。
就寝時間以外のリラックスタイムを過ごす大事な場所へのこだわりを持つ人にとって、シンプルな中にも温かみがあり独特の品格の高さも感じさせるデザインは、まさに最適のインテリア家具と言えるでしょう。プラスアルファで生かしたいファブリック類の色彩が映える素朴なデザインも、部屋の模様替えを頻繁に行いたい人におすすめで、自宅でのリラックスタイムをさらに快適なものにすることができます。

気取らない温かみが人気の木製フレーム

従来の西欧スタイルの家具類は、華やかさやラグジュアリー感を高めることを主眼に、凝った彫刻が施された上つややかなニスで塗られていたり、シェラックと呼ばれる塗料で仕上げられたアンティーク家具など、いかにも洋風といったムード漂う製品が主流でした。洋室に置かれてこそしっくり来る家具類がほとんどでしたが、昨今は和室に置いても違和感の無い欧風家具が人気を高めています。
ゴージャスな革張りメインの製品よりも、全体的に温かみを感じさせる木製フレームや飾らない素朴さがリラックス感を高める木肘などが生かされたデザインの注目度がさらに上昇中です。シンプルさが基本ベースだけに、人それぞれの好みやセンスを生かして配置できるところも大きな魅力になっており、今後も定番インテリアの要として愛好者が増える傾向があります。