pcのデータ消去トータルlab

真におススメする情報だけを揃えた、pcのデータ消去に関する情報ページとなります。

pcのデータ消去はどこまでやればよいのか

機密情報の入っているpcのデータ消去を行いたい時には、一手間掛ける必要があります。データはただ消去しただけでは、消えることがないからです。見かけ上ハードディスクからは消えますが、一度消去した筈のデータでも復元することが可能です。リカバリーディスクやフリーソフトを使って、データを消去しただけでは足りません。きっちり消去したいなら、有料のソフトを使ってデータを完全に消す必要があります。実は言うと、これだけでも足りません。専門業者の機械を使えば、まだ復元可能となります。ですから、物理的にハードディスクを壊す必要があります。ここまですれば、大抵の場合データを復元することは不可能となります。しかしながら、残念なことに警察機関はこの状態のハードディスクからもデータを復元することが可能になります。それだけ、データ復元に関して高度な技術を持っている訳です。pcのハードディスクから完全にデータ消去をすることはほぼ不可能ですが、物理的に破壊までしておけば大体において問題ありません。

pc内部の重要データはデータ消去を

pcを買い替える時に気をつけたいのが内蔵ハードディスクドライブに残されたデータです。重要度の高いデータがハードディスクドライブ内部に保存されたまま、pcを廃棄してしまうと、情報流出の原因となります。今やどこから、どういった風に重要データが流出するか分かりません。悪意のある人間が、廃棄された製品の内蔵ハードディスクドライブから、企業秘密のファイルを復元すれば、大きな問題と発展します。当然、不十分な形で製品を廃棄したユーザーの責任問題となり得ますので、会社の仕事で使う重要データを、私用のノートパソコンなどに保管している方は、最後の最後まで、きちんと管理しましょう。近年ではデータ消去を万全に施せる専用ソフトがあります。専用ソフトを使い、論理的にデータを破壊してからハードディスクドライブを廃棄すれば、第三者が復元する事は出来ません。

pcのリスク管理として随時、データ消去をしよう

pcのHDDは、十年前と比べますと、格段に巨大化しました。一昔前は4GBや8GBのHDDを搭載するだけでも、モンスターマシンと呼ばれました。しかし、今現在では500GBの内蔵HDDを搭載している製品がゴロゴロしています。それこそ家電量販店の店頭にて、それ以下のHDDを搭載しているデスクトップコンピュータを探す方が難しいはずです。HDDの部品の値段が、一昔前と比較すれば、格段に下がってきている事が原因であり、一台のpcには、数えきれない程のファイルが随時保管されています。中には重要なデータやプライベートなファイルもあるはずです。外部に漏洩しては困るものはきちんとユーザーが管理し、不必要になったファイルは、随時データ消去しましょう。バックアップを取る事と同じくらい、データ消去も大事な事柄です。プライベートなデータは私用の外付けHDDに保管しておき、母艦であるデスクトップコンピュータからは消しておいた方が賢明です。