pcのデータ消去トータルlab

真におススメする情報だけを揃えた、pcのデータ消去に関する情報ページとなります。

pcの外付けHDDは必ずデータ消去してから廃棄を

pcで作成したデータは、基本的に内部のドライブに保存されます。近頃ではオンラインストレージに直接保存する方々もいらっしゃいますが、まだまだ主流なのは、内蔵ハードディスクドライブに保存するやり方です。それこそ機密文書や企業秘密のファイルはいたずらに、オンラインストレージにアップロード出来ません。企業によっては、セキュリティの問題から利用を禁じています。ただ内蔵ハードディスクドライブだけに保存していると、万が一のリスクに備えられませんので、多くのパソコンユーザーはバックアップ用として、外付けHDDに別途、重要なファイルを保存しています。新型外付けHDDに買い替える際など、今までバックアップ用に活用してきた製品を廃棄する場合は、必ずデータ消去を行いましょう。そのまま廃棄してしまうと、大事な企業秘密が外部に流失する危険が出て来ますので、必ずデータ消去の専門企業に依頼し、正しく外付けHDDは手順を踏んでから、買い換えましょう。

pcデータのバックアップ用メディアとデータ消去

働く人々の大多数がpcを使って、文書やプレゼン資料を作成しています。アナログの道具を使って作成するよりも、パソコンソフトを使った方が作業が捗ります。文書やプレゼン資料、デザインをpcで作成すれば、当然ですが完成したデータを、どこかに保存しなければいけません。マシン本体に搭載されたハードディスクに保存する方々も多いですが、本体内部に加え、SDカードやフラッシュメモリに、仕事用のデータを保存する人々もいます。バックアップ用に、外部のメディアを活用する人々も少なくありません。パソコントラブルに備えて外部のメディアを活用するのは大変素晴らしい事ですが、気をつけたいのは、SDカードやフラッシュメモリからのデータ流出です。小型のメディアは紛失しやすく、データ流出の原因となりやすいため、不要になったバックアップ用の製品は、使用後にデータ消去を忘れずに済ませておきましょう。

データ消去の重要性とpc売却について

不要になったpcを売却し、その利益を元手に新型マシンを買う方々がいますが、売る前に注意しておきたい事項があります。その事項とは、内蔵HDDのデータ消去に関してです。デスクトップ型、ノート型、タブレット型と色々な形がありますが、いずれも内部に記録媒体を搭載しており、データ消去をせずに売却すると、データ流出の危険が出て来ます。信頼出来るリサイクル業者であれば、店舗側で内部ファイルを消してくれますので、それ程ナイーブになる必要はないかもしれません。しかし、ユーザー側できちんとマシンを初期化しておく事がマナーです。またオークションやフリーマーケットで売却する際は、全て自己責任となりますので、きちんと専用のソフトウェアでファイル消去を施しておきましょう。デスクトップ型などは、2台以上のHDDを搭載している事もありますから、事前に確認し、複数のドライブに対してファイル消去をしなければいけません。